乾燥肌

乾燥肌が肌に与える影響とは?

 

乾燥肌とは、肌の表面を覆う皮脂やセラミドをはじめとする角質細胞脂質などの減少により、肌内部の水分含有量が低下した状態の肌のことをいいます。
乾燥肌になると肌にかゆみが生じやすくなります。なぜ乾燥肌になるとかゆみが生じるのかというと、肌のバリア機能が衰えているからです。無防備な肌には、髪の毛や衣服が触れる程度の軽い接触であっても、使い慣れた化粧品であっても、大きな刺激が与えられてしまいます。

 

乾燥によって、通常は弱酸性に保たれている皮膚のPHがアルカリ性に傾いてしまい、細菌も増殖してしまいます。つまり、乾燥肌の傾向にあり、かゆみを感じる場合は肌のベリア機能が衰えている時であると考えていいでしょう。

 

乾燥肌はすぐに改善することが出来ません。まず出来る対策として、かゆみを感じても我慢するということです。乾燥肌をかきむしってしまうと、肌に傷がついて炎症が起こり、少しの刺激でも敏感になってしまい、かゆみをより強く感じやすくなってしまいます。
かけばかくほど、かゆみを誘発するヒスタミンという成分が生成されます。かゆいからといってかいてしまうと、悪循環に陥ってしまうのです。注意しましょう。

 

季節ごとの乾燥肌対策におすすめの化粧水

 

冬となれば、冷たく乾燥した空気の中で肌は荒れてガサガサになるからといって保湿ケアを徹底するものの、夏になると保湿ケアを怠ってしまう人は少なくないのではないでしょうか。
しかし、実は冬よりも夏の方が乾燥による肌トラブルが多く、夏だからといって保湿ケアを怠りがちな人ほど、乾燥肌に悩まされてしまう傾向にあるのです。

 

加湿器を使ったり、クリームを塗ってケアを行うなど、意識的に保湿を徹底する冬場に比べ、夏場はどうでしょうか。一日中エアコンのついた室内にいたとしても、加湿器をたいている方は少ないでしょう。
逆に、ドライ機能を使ったりと除湿をする方の方が多いのではないでしょうか。そして、洗顔後には化粧水をつけるものの、汗でべたつくからといってクリームなどの保湿化粧品を使う機会も少なくなります。
こうしていれば、当然のことながら肌は極度の乾燥状態に陥ってしまいます。また、紫外線によるダメージを受けている肌は、乾燥によるダメージも強く受けてしまいます。夏だからといって保湿ケアを怠ることのないように徹底しましょう。

 

乾燥肌対策化粧品

続きを読む≫ 2015/07/10 17:39:10